読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログに移行したついでにヘッドフォンの話をしてみる

はてなブログに移行したついでにiPod付属のイヤホンからヘッドフォンに移行した話を書きます。ここ数ヶ月非常に落ち込んだりして、文章書いていないのでリハビリも兼ねて

f:id:Strobo:20130319150739j:plain

まず現在私が聞いている音楽についてです。今までVOCALOID中心に聞いていましたが。最近は以下のようにVOCALOIDからEDMに変化しています。

VOCALOID全般 -> kzのVOCALOID曲 -> kzの非VOCALOID曲 -> EDM

そして今一番ハマっている人がZEDDです。最近livetuneともコラボしたようで。まさかのコラボに非常に驚いているところです。

私がZEDDにハマるきっかけとなった曲がこれ


Skrillex & The Doors - Breakn' A Sweat (Zedd Remix)

2:12からの低音がやばいです。この低音を聞くためにiPod付属のイヤホンからヘッドフォンへの移行を決めました。

 

入手したヘッドフォンはHDJ-500というDJ向けのヘッドフォンです。これからこのヘッドフォンを選んだ理由をいくつか書いてみます。

  • 低音が強調されている

DJ中のビートマッチングをしやすくするために低音が強調されています。低音を聞くことが目的なのでこれは外せません。

  • 片耳装着が出来る

これもDJ向けヘッドフォンの機能の一つで、右側のイヤーパッドを前後に60°ほどずらすことができます。これで片耳装着が可能になり左耳でヘッドフォンの音、右耳で周囲の音を聞くことが出来ます。私は周囲の音が完全に聞こえなくなってしまうと不安になってしまうタイプの人なので、DJしなくてもこの機能はありがたいです。

  • ケーブルの着脱が可能

もしケーブルが断線した場合でもケーブルを新品と交換するだけでヘッドフォンが復活します。(このブログを読んでいる方なら自力で修理しちゃうと思いますがw)

新品ケーブルの入手方法がpioneerの製品ページに書いてないのでおそらくpioneerのサポートで取り寄せてもらう形になるのかなと予想してる。

 

そして最後の理由は、私がDJに興味を持っており、もしかするとDJする可能性(音楽の知識なんて全くないので難しいですが)がないわけではないので、それも考慮してこのヘッドフォンを選びました。もちろんDJしなくてもこのヘッドフォンは十分いいヘッドフォンといえるので私は満足しています。